遺言できる人

満15歳に達した人は、遺言をすることができます。

但し、遺言をするには、物事に対するある一定の判断力、意思能力が必要です。

満15歳に達していても、意思能力がなければ、有効な遺言をすることはできません。

この遺言者の能力は、遺言をする時点であればよいとされています。

また、成年被後見人であっても、判断能力を一時回復したときは、医師2人以上の立会いにより
遺言を作ることができます。


ご相談・お問い合わせはこちらをクリック

▲このページのトップに戻る