任意後見契約で委任できること・できないこと

委任できることとしては、財産管理に関することと、身上監護に関することがあります。

【財産に関すること】            
 
@預貯金の管理、出入金確認、金融機関との取引、保険          

A年金や手当等の受領            

B財産の処分・管理・賃貸借         
 
C遺産分割、相続放棄・承認          
 
D証書類の保管
 
E住居に関する契約 等 
 

【身上監護に関すること】

@日常生活に必要なサービスや商品の購入や契約

A介護サービス等の利用に関する契約や履行請求

B要介護認定の申請や異議申立て

C福祉関係施設や医療機関の入所契約、入院契約 費用の支払い 等


 任意後見人に委任できないこととしては、下記のようなものがあります。

@実際の介護等の事実行為

A手術、臓器移植、尊厳死等の同意

B遺言書作成

C施設等への入所の強制 等


ご相談・お問い合わせはこちらをクリック 

▲このページのトップに戻る