普通方式遺言の特徴

種類 自筆証書遺言 公正証書遺言 秘密証書遺言
作成 方法 遺言者がすべて自筆で書いて署名・押印します。
(ワープロ等不可。)
公証人が遺言者のメモや口述に基づいて作成します。  遺言者が作成した遺言書を封印して、公証人に証明をもらいます。
証人 不要 2人以上 2人以上
署名 押印 遺言者 遺言者・証人・公証人 遺言者・証人・公証人
メリット(長所)

いつでも作成可能です。
遺言した事・内容を秘密にできます。
費用がかかりません。

 紛失、無発見、偽造、不備の心配がありません。
体が不自由な方や字が書けない方も作れます。
相続手続きがスムーズ。
家庭裁判所検認不要です。

代筆やパソコンでも作成
ができます。
内容を秘密にできます。
デメリット (短所) 紛失、無発見、破棄、隠匿、偽造、不備の恐れがあります。
家庭裁判所検認必要です。
作成費用がかかります。
遺言書の存在と内容を秘密にできません。
紛失、無発見、破棄、隠匿、不備の恐れがあります。
家庭裁判所検認必要です。



ご相談・お問い合わせはこちらをクリック

▲このページのトップに戻る