法定後見制度の利用手順

補 助

@自己の財産を管理・処分するのに援助が必要な場合がある
(自分の代わりに行なってくれたり、間違ったときストップをかけてくれる人が欲しい) 
       

A家庭裁判所へ申立て(本人の同意が必ず必要)
     

B補助人の選任・・・申立ての際に選んだ特定の法律行為を本人に代わって行ないます。
             申立ての際に選んだ重要な法律行為に同意したり、取り消したりします。 


保 佐


@自己の財産を管理・処分するには常に援助が必要
(契約のときなど代わりに判断してくれる人が欲しい)
    
A家庭裁判所へ申立て
       
B保佐人の選任・・・重要な法律行為に同意したり、取り消したりします。
                           本人の同意があれば、申立ての際に選んだ特定の法律行為を代わって行
                           なうことができます。


後 見

@自己の財産を管理・処分することができない
(ほとんど判断できない人が対象)
    
A家庭裁判所へ申立て
    

B成年後見人の選任・・・日常生活に関する行為を除く全ての法律行為を代わって行なったり、
                                  必要に応じて取り消したりします。


ご相談・お問い合わせはこちらをクリック

 

▲このページのトップに戻る