成年後見人にできること・できないこと

  成年後見人の業務としては大きく分けて身上監護財産管理の2つがあります。

身上監護・・・本人の療養看護に関わることを法的にサポートすること
@本人の住居の確保に必要な契約、費用の支払い
A治療、入院に関する契約、費用の支払い
B施設の入退所、介護サービス等に関する契約、費用の支払い
C施設や介護サービスの履行に対する監視、異議申立て等
D介護保険等の社会保障給付の利用手続き
Eリハビリに関する契約、費用の支払い

財産管理・・・本人の為に必要で相当な支出を計画的に行い、資産を維持していくこと
@不動産等の財産の管理、保存、処分
A金融機関との取引
B年金等の定期的な収入管理、返済、家賃の支払い、税金・社会保険・公共料金等の定期的な支出管理
C日常的な生活費の送金や日用品等の購入
D遺産分割協議や相続手続き
E保険の加入や支払い、保険金の受け取り
F財産に関する通帳等の証書類の保管や行政手続き


なお、身の回りの世話等の事実行為や、本人の身体に対する強制を伴う事項や一身専属的な事項は権限外となりますので、それらは成年後見人等の業務ではありません。


ご相談・お問い合わせはこちらをクリック

▲このページのトップに戻る