法定後見制度にかかる費用

法定後見開始の審判の申立てには、後見、保佐、補助ともに、申立手数料(収入印紙)として800円、登記手数料(収入印紙)として2,600円の費用がかかります。 

 また、 保佐人に代理権付与する審判、又は保佐人の同意を得ることを要する行為を追加する審判の申立てをするには、申立てごとに別途、収入印紙800円が必要になります。
 
 また、補助開始の審判をするには、補助人に同意権又は代理権を付与する審判を同時にしなければなりませんが、これらの申立てそれぞれにつき収入印紙800円が必要になります。 

実際には、 申立てをされる家庭裁判所にて確認する必要があります。

 また、後見と保佐で鑑定が必要なときには医師に支払う鑑定料として、5〜10万円程度必要となります。

 それ以外にも、 申立てをするには、戸籍謄本、登記事項証明書、診断書などの書類が必要になり、その取得費用も別途かかりますし、申立書作成を司法書士へ依頼する場合は、その手数料も発生します。


 ご相談・お問い合わせはこちらをクリック

 

▲このページのトップに戻る