任意後見制度の利用手順

@現在は自分で何でも決められるが、将来認知症等になった時のことが心配等
 (判断能力に問題はない)
      
       ↓ 

A公正証書で任意後見契約を結ぶ(任意後見受任者
 ・即効型
 ・将来型
 ・移行型
       
       ↓

B判断能力が低下してきた
 
       ↓

C家庭裁判所へ申立て(任意後見監督人の選任

       ↓

D任意後見人が、任意後見契約で決めておいた財産管理や身上監護に関する法律行為を本人に代わって行ないます。




ご相談・お問い合わせはこちらをクリック

▲このページのトップに戻る