遺留分について

 遺留分とは、一定の相続人にこれだけは財産を残さなくてはならないという遺産の最低部分をいい、法定相続人のうち、兄弟姉妹以外の相続人に権利があります。

遺留分を侵害された人は遺留分減殺請求をして取り戻すことができます。


【遺留分の割合】

直系尊属(両親や祖父母等)だけが相続人である   ⇒  相続財産の1/3

それ以外の場合(妻や子がいる)             ⇒  相続財産の1/2


なお、遺留分は請求しなくては取り戻すことができないものなので、これを無視した遺言書を作成したり、遺産分割協議を行うこと自体は問題ありません。

請求されなければ、遺言書通り、協議書通りの相続分で分割することになります。 


 前述の通り、兄弟姉妹には遺留分はありませんので、お子様がおらず、相続人が配偶者と兄弟姉妹だけの場合は、遺言書を作成しておくことで、配偶者が自分の兄弟姉妹と遺産分割協議をする必要はなくなり、自宅や預貯金など、夫婦の財産をそのまま配偶者に相続させることができます。


ご相談・お問い合わせはこちらをクリック




〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
遺産相続や遺言書作成のことなら、いなべ・三重・相続手続き 遺言公正証書作成サポート
(有澤歩行政書士事務所)にご相談ください。
遺産相続を円満に進める為の相続手続きや相続争いを未然に防ぐことのできる遺言書の
作成をサポートさせていただきます。
また成年後見制度の利用についてのご相談、任意後見契約書の作成についても
ご相談ください。
書類作成は全国対応、いなべ市・桑名市・四日市市・鈴鹿市・東近江市・津島市・あま市・
弥富市・東員町・菰野町・朝日町・川越町・木曽岬町・蟹江町・大治町にお住まいの方は
出張相談承ります。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

▲このページのトップに戻る